【PR TIMESノウハウ】動画プレスリリースを配信するならPR TIMES TVを活用しよう

PR TIMESでは、日々さまざまなプレスリリースが配信されています。そんな中でも人目を惹きつける、より魅力的なプレスリリースにするためには、広報担当者としての工夫も欠かせません。

PR TIMESで配信されているプレスリリースの中には、テキストに加えて画像や動画、360度パノラマ画像などが挿入されるなど、伝え方にこだわったコンテンツが多数あります。

しかし、プレスリリースそのものを動画化し、テキストや画像ではなく動画ならではの良さを活かした伝え方ができるサービスがあることをご存知でしょうか。

本記事では、動画PRサービスの「PR TIMES TV」について、その詳細や動画を利用するメリット、利用する際の流れ、料金などについてご紹介します

PR TIMES TVとは

PR TIMES TVとは、企業の新しい情報をニュースのような動画に撮影・編集し、メディアや生活者に届ける、動画プレスリリース制作・配信サービスです。

例えば、店舗オープン、記者発表会などのプレスイベントの様子をを動画ニュースとして作成し、プラットフォーム上と公式アカウント(YouTube、Twitter、facebook)や提携オンラインメディアに転載します。

従来のプレスリリースは、文章が主、画像等のコンテンツが従となり構成されていますが、この関係を逆転したプレスリリースを作成することで、イベントの模様や施設の様子をよりわかりやすく体感的に伝えられます

動画PRサービスの「PR TIMES TV」のイメージ画像

プレスリリースを動画にする3つのメリット

では、プレスリリースを動画で制作・配信することにはどのようなメリットがあるのでしょうか。3つのメリットについて紹介していきましょう。

1.動画での情報収集を好む記者/生活者にリーチできる

近年では、生活者のSNSやWEBサービスでの動画視聴機会は著しく増加しています。その要因としては、インフラ環境の整備やスマートデバイスの普及、プラットフォームの充実などが挙げられるでしょう。

2020年には4Gがさらに進化した通信インフラの5G(第5世代)がスタートする見込みで、その通信速度は4Gの10倍にものぼります。

もはや動画で情報収集するのは当たり前となったいま、テキストを読むのは面倒だけど動画でなら見る、という記者/生活者も一定数いるでしょう。こうした方々には動画だからこそ情報を届けられる可能性があるのです。

2.従来のプレスリリースやパブリシティでは伝えにくいことが発信できる

PR TIMES TVで配信されている動画プレスリリースの多くは、商業施設のオープン/リニューアル、もしくは新商品/サービス発表会です。いずれも、通常のプレスリリースでよく見かけるようなジャンルです。

しかしながら、施設の雰囲気やイベントの様子、空間設計のこだわりなどは、文章と静止画を組み合わせるよりも、動画で表現するほうが圧倒的に伝わりやすいのも事実。代表者やキーパーソンがスピーチする場合には、感情のこもった肉声と共に発信することもできます。

さらに、記者発表会に参加したメディアが記事に取り上げる際も、静止画や担当者コメントは部分的に使用されることがほとんどです。ときには伝えたい内容がうまく届けられないケースもあるでしょう。

PR TIMES TVでは撮影前に構成を決定するため、限られた時間内でも発信したい情報を最大限に含めたコンテンツが制作が可能。TV局を除き、動画を掲載するメディアはまだまだ少数だからこそ、他にはない発信ができるのです。

こちらの記事では、動画をプレスリリースに挿入する方法と動画の活用事例をご紹介しています。

3. 「現場」の熱量を再現できる

広報・PRの重要な発信の場である、プレスイベント。プレスイベントは、担当者がプロダクトやサービスのプレゼンをする、いわば商品/企業にとっての“晴れの舞台”です。

しかしながら、参加可能人数が主催者側で設定されているケースも多く、その場に参加出来るのは限られた記者と関係者のみであることもしばしば。いわゆるクローズドな状態になりやすいのです。

PR TIMES TVでは、このようなシーンこそ動画でおさめて、インターネット上でオープンに発信します。そうすることで、受け手は「現場」の熱量を追体験することができます。例えば、皆さんは自分の好きなアーティストのことを深く知ろうとしたときに、どのような方法をとりますか?ライブに参戦する、ライブDVDを見る、CDを聴くなど、様々な方法がありますが、多くの方が「動画」にアクセスするのではないでしょうか。

それだけ情報を伝える手段として、動画は重宝されているものなのです。

PR TIMES TVを利用する5つのメリット

次に、動画を配信する手段として、PR TIMES TVを利用する5つのメリットをご紹介します。

スマホで動画をみようとしている
Bloomicon / Shutterstock.com

1.動画撮影のための特別な準備は不要

PR TIMES TVなら、従来の動画PRと異なり、動画を撮影するためにモデルを起用したりセットを組み立てたりするような「撮影の為の」準備は必要ありません。

撮影時には、PR TIMESのカメラクルーが、記者発表会や店舗内覧会、ポップアップストアオープンなどのイベントを撮影します。地方や海外への出張も可能です。そのため、動画制作のノウハウがなくても安心して利用できるでしょう。

2.取材後最短3時間で動画プレスリリースを作成

PR TIMES TVでは、取材後最短3時間で30秒〜1分程度の動画プレスリリースを作成します。

スピード最優先で、CGや複雑な編集は用いず、短くシンプル、かつストレートに表現。これにより、動画にすることでかえって情報の発信速度が遅くなるというような心配もありません。プレスリリースの構成を撮影前に確定することで、撮影後すぐに編集に取り掛かることができます。

3.企業目線と報道目線のハイブリッド型のコンテンツを作成できる

PR TIMES TVでは、企業目線と報道目線のハイブリッド型のコンテンツ表現、ニュースとして有益な情報を視聴者に提供できる動画を制作することを得意としています。

企業としての伝えたいことは損なわず、ニュースとして価値がある内容もしっかりと伝える動画をつくることで、フラットな目線でありつつも人々の心を揺さぶる情報をお届けしています。

4.社内報や広告素材として再活用できる

動画プレスリリースは広報の役割を担うだけでなく、社内報や広告素材としても活用できます。

PR TIMES TVでは、二次利用に制限をかけておらず、無料で利用可能です。

実際にも、アサヒ飲料株式会社さんが群馬県にミュージアムをオープンした際に報道向け内覧会を実施しその様子を撮影。プレスリリースとして配信した後は駅構内のスクリーンや電車内ディスプレイでの広告素材として二次利用されました。

アサヒ飲料株式会社の事例

参考:https://youtu.be/44IrqCOeVng

また、営業時にお客様にサービス説明の補足として動画を見せることもできるなど、営業活動にも役立てられます。

5. サービスサイトだけでなくSNSや提携メディアで公開

PR TIMES TVで制作した動画は、PR TIMES TVのサービスサイトだけでなく、SNSや提携メディアでも公開されます。

もちろん、 自社のSNSアカウントやコーポレートサイト・ランディングページでの配信も可能です。

掲載期間が限られる動画広告とは異なり、PR TIMES TVで公開される動画ニュースはサービスサイト、各SNSアカウントに投稿したあとも継続的に掲載できます。動画がアーカイブされることで、記者や生活者はインターネットやSNSでの検索などで常に情報接点をもつ可能性が生まれます。

PR TIMES TVを利用する流れ

PR TIMES TVでは、オリエン不要、依頼~動画投稿まで最短5営業日以内で対応しています。では、実際にPR TIMES TVを利用する際にはどのような流れになるのかについてご紹介します。

STEP1.撮影前に打ち合わせを行う

PR TIMES TVに依頼いただいたのち、まずはお客様より取材案内状、会場図、イベント進行台本などの情報を5営業日前に共有していただきます。

その後、2営業日前までにPR TIMES TVより、動画/文章、構成考案を共有させていただくので、ご確認いただき、修正部分を反映させていただきます。

撮影前の打ち合わせ

STEP2.カメラクルーによる撮影

撮影当日には、当社のカメラクルーが、記者発表会や店舗内覧会、ポップアップストアオープンなどのイベントを撮影します。地方や海外への出張も可能です。

お客様とディレクターの打ち合わせの上撮影箇所を決めることによって、宣伝したいコト/モノを確実に取材します。

STEP3.編集

撮影後、編集に移りますが、前述した通り、取材後最短3時間で30秒~1分程度の動画プレスリリースを作成します。

動画は、テロップやBGMを用いたニューステイストの動画にまとめます。担当者やイベント来場者の生の声を入れることで、視聴者に共感されやすい動画を作成することも可能です。

STEP4.PR TIMES TV・SNS・提携メディアで公開

完成した動画は、PR TIMES TVのサービスサイト、SNS(Twitter、Facebook、Instagram)とYouTubeの公式アカウントへ投稿・公開します(5万回再生保証)。

また、パートナーメディアへの転載も実施します。

STEP5.レポート・動画ファイルの納品

動画公開後には、再生回数、転載先メディア、視聴完了率などを記したレポートと動画データを納品します。

実施レポートは、配信後3営業日計測したものをまとめ、最も視聴の多かった層の分析データなども確認が可能。

動画ファイルは、撮影後の素材もお渡しするので、お客様ご自身で再編集して広告用素材として再活用する、自社サイトに掲載するなどの二次利用もできます。

PR TIMES TVの料金

最後に、PR TIMES TVの利用料金である、基本プランとオプションプランについてご紹介します。

基本プラン

プレスリリース素材のみで作成する手軽なプランから、プレスイベントのライブ配信・編集・公開できるプランまで、3種類用意されています。

プラン名 PR TIMES TV ライト PR TIMES TV PR TIMES LIVE
料金/本 50,000円 400,000円 800,000円〜
撮影 なし あり あり
保証再生数 5,000 50,000

PR TIMES TV ライトは、既にお持ちの画像・動画でニュース動画を作成するプランで、製作期間は2営業日。PR TIMES TVは、撮影・編集・公開までをトータルで実施するプランで、製作期間は5営業日。PR TIMES LIVEは、プレスイベントのライブ配信・編集・公開を実施するプランで、製作期間は10営業日です。

オプションプラン

イベントを二次活用する上で必要な素材を全て手配できる、豊富なオプションプランも用意されています。

「リポーター手配」は、イベントや商品の解説を現場で行うリポーターを手配します。 原稿や衣装などの用意も全て不要。50,000円〜利用可能。

「スチール撮影」は、動画に加えて、物撮りなどのスチール撮影が必要な場合、別途カメラマンの手配が可能。50,000円~利用できます。

「SNSブースト」は、生数をさらに増加させたい、公開日だけでなく別日にもSNS広告を出稿したいという方向けに、SNS広告を増強するオプションです。200,000円~利用可能。

「未編集映像収録」は、プレスイベントの一部始終を収録するため、報道機関への提供や社内共有に役立てられるオプション。50,000円で利用できます。

動画で自社らしいプレスリリースをつくろう

本記事では、PR TIMESが行なっているPR TIMES TVのサービス内容や利用するメリット、利用する際の流れなどについてご紹介しました。

プレスリリースを作成する際には、テキストと画像で表現する一般的なプレスリリースだけでなく、動画で表現するという選択肢もあることを覚えておくと、ニュースの内容によって使い分けることができます。「この内容だと文章のプレスリリースでは限界がある」と感じるものには、積極的に動画を活用してみると良いでしょう。

PR TIMES TVを活用すれば、動画制作のノウハウがなくても安心して利用できますし、撮影後の素材はプラン料金に含まれているので、自社での二次利用も制限なく可能です。

ぜひ、動画を活用し、これまでのプレスリリースの形にとらわれない、自社らしいプレスリリースを制作してみてくださいね。

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。営業、カスタマーサクセス、パートナー事業に携わるメンバーが在籍しています。広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。

この記事に関連する記事

今注目の記事