【PR TIMESノウハウ】キーワードの表示先と設定するときの5つのポイント

PR TIMES上の入稿画面には、プレスリリースの本文以外にも様々な項目があることをご存知でしょうか。プレスリリースに紐づくカテゴリや位置情報などの項目がありますが、この記事で注目するのは「キーワード」。想いを込めて作ったプレスリリースですから、誤字脱字が無いようにする正確に配信準備をすることはもちろん、キーワード機能を活用して多くの人に届けられるよう設定しましょう。

PR TIMESのキーワードはどこに表示されるの?

キーワードが表示される場所として代表的なのは、次の2ヶ所。いずれも、主にメディア関係者がプレスリリースをフリーワード検索したり、話題のキーワードからプレスリリースを検索したりする場合に使われます。

  1. PR TIMESのトップページ上部 >「キーワードで検索」
  2. PR TIMESのトップページ > サイドバー >「いま注目のキーワード」
PR TIMESのキーワード検索
「キーワードで検索」
PR TIMESのキーワード
「いま注目のキーワード」

また、情報収集のため登録されたメディア関係者や個人の受信ユーザー側の管理画面でも、受信するプレスリリースを絞り込む際の条件に反映されます。

PR TIMESのキーワードを設定する5つのポイント

最大10の単語が登録できる、キーワード機能。重要なのは、「キーワード」という名の通りプレスリリースを探し出すための「鍵」となる単語を入力することです。この「鍵」を5つのポイントに分け、キーワード設定で押さえておきたいポイントとして解説します。

1.タイトルや本文で鍵となる単語を設定する

1つ目のポイントは、タイトルや本文で使用している単語をキーワードにも設定すること。特に、プレスリリースの主題が表されるタイトルで使用している単語は、メディアや生活者が一番初めに目にする部分でもあるため、キーワードに設定するのに最適です。

【キーワード例】

  • ゲームの新商品の発売を発表する場合:「ゲーム」「新商品」
  • 期間限定のスイーツを発表する場合:「期間限定」「スイーツ」
  • 新商品の発売キャンペーンを実施する場合:「新商品」「キャンペーン」

2.関連して検索される頻度が高い単語を設定する

2つ目のポイントは、関連して検索される頻度が高い単語をキーワードに設定すること。例えば「新婚旅行」と検索する場合、関連して「ハネムーン」「リゾート」などの単語でも検索することが想定されます。言い換え・類語や情報を届けたい人が注目するであろう関連単語をキーワードに取り入れてみましょう。本文に登場する単語はもちろんですが、本文に登場しない単語の使用もOKです。

【キーワード例】

  • 「プレゼント」に関連するプレスリリースの場合:「ギフト」「贈り物」「記念日」など
  • 「EC」に関連するプレスリリースの場合:「通販」「オンラインショップ」など
  • 「ファッション」に関連するプレスリリースの場合:「アパレル」「レディース」「メンズ」など

3.同業他社が積極的に使用する単語を取り入れる

3つ目のポイントは、同業他社が使用している単語をキーワードに取り入れること。同業=同じカテゴリの中で発表されるプレスリリースを積極的に調べているメディアもあります。前述の「2.関連して検索される頻度が高い単語を設定する」とも関連しますが、同業他社が使用している単語もチェックしておきましょう。

4.新聞やテレビの報道で頻出する単語を取り入れる

新聞に頻出するキーワード

4つ目のポイントは、新聞やテレビなどのメディアによる報道で頻出する単語をキーワードに取り入れること。メディアが使用する単語は、つまりそのメディアの視聴者や購読者にも響くものと考えられます。それを自社のプレスリリースのキーワードに取り入れることで、メディアから見て「使いやすい」「報道しやすい」プレスリリースに近づけられる可能性があるのです。また、直近の報道から単語を拾い上げるので、旬のトレンドを押さえることにも繋がります。

5.SNSなどで話題になっている単語を取り入れる

5つ目のポイントは、SNSなどで話題になっている単語をキーワードに取り入れること。プレスリリースを配信するタイミングで話題になっている単語を入れることで、より検索でヒットしやすくなる効果があるほか、本来ターゲットとしていないメディアや生活者にまで情報を拡散できる可能性もあります。リアルタイムで話題の単語はTwitterで、月単位で話題の単語はPR TIMESのキーワードランキングで調べるなど、必要に応じて調査方法を変えてみるのもおすすめです。

【話題の単語の探し方例】

PR TIMESのキーワードの活用例

メディアや生活者がプレスリリースを検索するために使用されている、PR TIMESのキーワード。しかし、実はプレスリリースを配信する企業側も活用できる機能なのです。他社事例の調査とプレスリリースへのトレンド反映、2つの活用例をご紹介します。

キーワードの活用

1.他社事例の調査を効率化

多くのプレスリリースの中から自社の情報を見つけてもらうために欠かせないのが、他社事例の調査です。しかし、自社と他社の差別化ポイントを見つけるための他社事例の調査を手動でコツコツと実施すると、非常に多くの工数が掛かります。そこで、PR TIMESのキーワードを活用しましょう。ジャンルやキーワードで必要なプレスリリースだけを受信することで、他社事例の調査の効率化に繋がりますよ。

【情報収集する際のキーワードの設定例】

  • 「AI」がキーワードの場合: 関連する「人工知能」「機械学習」など
  • 「エンジニア」がキーワードの場合:「技術者」「IT人材」など
  • 「テレビ」がキーワードの場合:「TV」「テレビ番組」「メディア」「話題」など(テレビ製品がキーワードの場合はメーカー・ブランド名など)

2.プレスリリースにトレンドキーワードを挿入

いくら良いプレスリリースであっても、「なぜ今なのか」というストーリー性やトレンド感がなければ、メディアに取り上げられる確立は下がってしまいます。「【現役広報が教える】プレスリリースの書き方10のコツ・基本の5構成」でもご紹介しているように、世の中がニュースであふれている中で自社のプレスリリースを光らせるために大切なのは、社会の関心事と自社の取り組みを結び付けることです。PR TIMESのキーワードランキング人気のプレスリリースから「社会の関心事」=「トレンド」を拾い上げ、ぜひ自社のプレスリリースに挿入してみてください。

PR TIMESのキーワードの設定方法

ここまでご説明してきたポイントを押さえて、最大10の単語をキーワードとして設定しましょう。プレスリリースの編集画面にキーワードの追加欄があり、こちらから最大10個まで登録できます。

キーワードの設定

キーワードをきっかけにプレスリリースとメディア・生活者の出会いを作ろう

PR TIMESのキーワードは、プレスリリースとメディア・生活者の出会いのきっかけになる大切な要素です。しかし、キーワードは無尽蔵に登録できるものではありません。

だからこそ、関連語句やトレンド、メディアが使用する単語などを意識しながら、どうすれば出会いの門戸を広げられるのか、機会を増やせるのか、どんなキーワードで自社のプレスリリースと出会ってほしいのかを想像することが必要です。この記事でご紹介したポイントを押さえれば、「最大10」という制約の中でも最大の効果を発揮できるはずです。

この記事のライター

三寳 里菜

ライター・編集者。2013年、大学在学中に旅行系ITベンチャーに入社し、現在まで約6年にわたりコンテンツ責任者・広報・PR・組織開発を担当。それぞれのフィールドでの経験を活かして、「読みやすく、分かりやすく、伝わりやすいコンテンツ」づくりに取り組んでいます。ハウツーからイベントレポート・インタビューまで、様々なコンテンツ制作が得意です。

この記事に関連する記事

今注目の記事