クラウドファンディング実施時にプレスリリースを配信する5つの機会と配信時のポイント

SNSを始め、メディアなどでも「クラウドファンディング」という言葉が世の中に浸透しつつある昨今。クラウドファンディング実施者(プロジェクトオーナー)がプレスリリースを活用してプロジェクトのPRや自らの想いを発信する機会も確実に増えています。

本記事では、PR活動の一環としてクラウドファンディングを行う際のプレスリリース配信機会を事例とともに解説。配信する際のポイントもあわせてご紹介します。

クラウドファンディングの実施時は広報施策のチャンス

「クラウドファンディング」とは、インターネットを通して不特定多数の人(=crowd)から資金を募る(=funding)ことですが、資金調達としてだけでなく、PRとしても有効に活用できる側面も持ち合わせています

クラウドファンディングの開始から終了までには、情報を発信する機会も多いもの。プレスリリースを活用してPR効果のチャンスを得るには、配信の機会やタイミングを逃さないようにしましょう。

では、クラウドファンディング実施時にプレスリリースを配信する配信機会を、事例プレスリリースとともに確認していきましょう。

【あわせて読みたい】

▶「クラウドファンディングとは?広報活動で実施する3つのメリット

▶クラウドファンディングの進め方5ステップ&4つの広報施策

クラウドファンディング実施時にプレスリリースを配信する5つの機会

クラウドファンディングに関するプレスリリース配信のタイミングは、大きく分けて「開始時」「期間中」「一般販売リリース時」「終了時」の5つです。

それぞれの配信機会で、どのような内容を盛り込んでいくと良いのか事例のGOODポイントもチェックしていきましょう。

ヒントイメージ

配信機会1.クラウドファンディング開始時

1つ目の機会は、クラウドファンディングの開始時です。

クラウドファンディングは、初動が命とも言われています。開始時にいかに多くの支援を集められるかで、メディアに注目してもらい、ニュースに取り上げてもらえる可能性が高まるからです。スタート時に勢いづけるために、プロジェクトが開始された時点でプレスリリースを出すことが重要です。

クラウドファンディング告知のプレスリリースでは、プロジェクト実施の理由やその想いを明確に伝えましょう。開発者や実施者のコメントを動画にして配信するのもおすすめです。プロジェクトが成功することで、どんな効果や影響が生まれるのか、読み手が共感、想像しやすく工夫することがポイントです。

株式会社SAKAMAのプレスリリース

株式会社SAKAMAのプレスリリースでは、クラウドファンディングサービス「Zenes(ゼネス)」にて、西伊豆・戸田地区の名産であるタカアシガニを全国に届けるプロジェクトの開始を告知しています。

ITによって鮮魚流通の最適化に取り組んでいる同社の「コロナ禍で売上が大幅に減少し苦境に喘ぐ漁業を救いたい」という想いをプレスリリースのタイトル、本文で提示している点がGOODポイントです。世間の関心が高い社会的な要素のあるプロジェクトの意図を明確に表明することは、強いメッセージとなり多くの共感を集めることにもつながります。

配信機会2.クラウドファンディング期間中

次の機会となるのは、クラウドファンディングの期間中に目標を達成したタイミングでの配信です。この場合、クラウドファンディングを開始してから、どのくらいの期間・時間で、どのくらいの成果・反響を獲得できたかを具体的な数値やデータを用いて発表しましょう。実施中の動向を発信することは、支援者を始めメディア関係者への再アプローチになります。

株式会社すりあしプレスリリース

九州の野菜果物をたっぷり使った冷凍スムージーを開発する株式会社すりあしが配信したプレスリリースでは、タイトルに「食や農の現状を伝えたい!」といったプロジェクトの想いを簡潔に述べながら、クラウドファンディング実施中であることを示しています。サブタイトルでは開始後の達成率を発表しプロジェクトの経過レポートの要素として機能している点もわかりやすくGOODポイントだといえます。

また、支援金の使い道や今後のスケジュールを具体的に期間中に改めて提示している点も参考にしたい点です。開始後だけではなく、終了までの期間中に情報をリマインドしていくことで関心度を盛り下げない工夫をしていきましょう。

配信機会3.目標金額達成時

3つ目の配信機会は、目標金額が達成した時です。一般的なクラウドファンディング「All or Nothing型」の場合、目標金額が達成することでプロジェクト成功とみなされます。この場合、目標金額が達成した場合のみ支援者にリターンが届くので、目標未達の場合は返金となってしまいます。目標達成に関する情報は支援者が気になっている情報ですので、いち早くお知らせしていきましょう。

また、目標金額よりも大幅に達成できた場合は、ニュースとしてメディアに取り上げてもらえることが期待できます。

株式会社 immerse japanプレスリリース

オーストラリア特許の虫よけアイテムを広めるプロジェクトを実施した株式会社 immerse japanは、プロジェクト開始から2日目に目標金額が達成されたことをプレスリリースで発表しました。

目標金額が達成した際は、達成までの日数や時間、達成率を盛り込むと良いでしょう。また、目標金額達成時のクラウドファンディング「GREEN FUNDING」の掲載ページを使用している点もGOODポイントです。達成した瞬間を逃してしまった支援者へ配慮にもなりますし、PR活動の際、実績のエビデンスとして活用できます

配信機会4.商品・サービスの一般販売(リリース)時

クラウドファンディングの実施により多くの支援者が集まりプロジェクトが成功し、商品・サービスの一般販売が決定すれば、いよいよ一般市場にリリースすることになります。リリース時にプレスリリースを配信して、メディアや一般消費者へ積極的にアプローチしていきましょう。その際は、公式販売となったことの経緯やプロジェクトの背景やストーリー、商品・サービスの商品価値を盛り込みましょう。

また、商品・サービスが一般販売されるようになった背景として、クラウドファンディングで応援購入をしてくれた支援者がいたことを忘れず、感謝の意を伝えることも忘れないようにしたいですね。

株式会社QuestP'ageプレスリリース

株式会社QuestP’ageが配信したプレスリリースでは、お笑いコンビ 「バイきんぐ」の西村 瑞樹さんが監修したスパイス「バカまぶし」の一般販売開始を伝えています。タイトルにある「Makuake 史上、最も売れたスパイス!」という印象的な文言も他にはない唯一無二な存在感を与えているGOODポイントです。

また、動画を盛り込み商品の特徴をわかりやすく伝えながらも、コロナ禍で増えた「おうちごはん」や「キャンプ」の悩みを解決してくれることを示すことで共感度アップも期待できると言えるでしょう。

配信機会5.クラウドファンディング終了時

クラウドファンディングのプロジェクトが終了した際も参加してくれた支援者に対して、支援のお礼とプロジェクトのレポートとしての内容をプレスリリースで伝えられるとGOODです。

クラウドファンディングは目標金額が達成したり、実施期間が終了したら終わり、ではありません。終了後に商品の開発や準備が遅れて、予定していた期限までにリターンが届けられないという事態も発生するかもしれません。その場合は、プロジェクト終了のプレスリリースで遅延の理由や、商品到着の時期など具体的な内容をきちんと説明しましょう。

応援してくれた支援者をがっかりさせないように、プロジェクト終了後の対応もしっかりと告知していくように心掛けましょう。

株式会社ティ・エヌ・ノムラプレスリリース

Makuakeで「究極のリラックスウェア」を先行予約販売を行った株式会社ティ・エヌ・ノムラのプレスリリースは、終了を事前に告知している事例として参考になります。

目標金額は900%を達成したことや、プロジェクト終了が1週間後に迫っていることを伝えつつ、お得に購入できるラストチャンスという情報をプロジェクトの終了まで隈なくメッセージを届けている点がGOODポイントです。

目標金額が既に達成されプロジェクトが成功を遂げていても、実施の期間の最後まで支援者やメディアへアプローチしていくことも心掛けていくと良いですね。

クラウドファンディングに関するプレスリリースを配信する際の3つのポイント

クラウドファンディングに込められた想いをできるだけ多くの人に届けるためには、メディアや生活者の目にとまるプレスリリースを作成したいものです。

最後に、クラウドファンディングのプレスリリースを配信する際の3つのポイントについて解説します。

プレスリリース作成イメージ

ポイント1.支援したくなる“共感”ポイントを盛り込む

本記事の冒頭でも述べたように、クラウドファンディングのプロジェクト成功にはより多くの支援者が募ってくれること、プロジェクトに共感してくれることが何より要になってきます。

プロジェクトの商品・サービスの誕生には、発案者や開発者などプロジェクトに携わっている人たちの想いや理由が必ずあり、その理由や想いに読み手が“自分ごと”として共感できるかがポイントになってきます。

「共感」とは、簡単に言うと「相手の気持ちがわかる」ということです。「こんな商品・サービスを作ります」といわれるのと、「〇〇だから、こんな商品・サービスを作りたい!一緒に作りましょう!」ではどちらに心が惹かれるでしょうか。

クラウドファンディングを利用する際、そしてプレスリリースで発信する際には、いかに共感してもらえるかに焦点を合わせて、メッセージを考えていくようにしていきましょう。

ポイント2.社会性のある情報発信を意識する

「共感」を得るためには、社会性のある情報発信をすることもポイントです。

商品・サービスが世の中に定着することで、どのように社会問題を解決できるのかについて発信できるといいでしょう。

また、環境問題やエコを見据えて開発した商品やサービスも、実は暮らしの中の些細なことが発端だったということもあります。プロジェクトのきっかけとなった出来事や背景を発信することで、生活者が自分ごととして捉え行動を起こすきっかけとなります。

ポイント3.プロジェクトの魅力を最大限に生かしたタイトルをつける

通常のプレスリリースと同様に、プロジェクトの魅力がひと目で伝わるタイトルをつけることも重要なポイントです。思わずクリックしたくなるような共感ポイントを盛り込むことを意識してタイトルをつけてみましょう。

また、メディアに興味を持ってもらうためにも他のプロジェクトと比べて差別化できるポイントをタイトルに盛り込むこともおすすめです。商品・サービスの特徴やプロジェクト発足の背景を改めて整理し、プロジェクトの魅力を最大限に生かした最適なタイトルを見いだしてみましょう。

【あわせて読みたい】

▶プレスリリースのタイトル事例10選!読まれるタイトルのポイントを解説

▶プレスリリースで目に留まるタイトルをつける7つのコツと注意点

プロジェクトの魅力を最大限に伝え多くの共感を生み出すプレスリリースを届けよう

クラウドファンディングは、そのプロジェクトに対して「共感できる」と思ってもらうことが成功への鍵となります。言い換えれば、どんなに素晴らしいプロジェクトであっても共感が生まれなければ日の目を見ないことになってしまいます。

クラウドファンディングに関するプレスリリースは、プロジェクトの紹介や説明を簡潔明瞭に書くだけでは十分ではありません。プロジェクトに至ったバックグラウンドや想い、そこに携わる人の熱意やエネルギーを読み手側が感じられることが、読み手の次なるアクションへと繋がります。

クラウドファンディング実施時には、本記事で紹介した配信機会を逃さずに、より多くの人に共感してもらい、応援したくなるようなプレスリリースを届け、プロジェクトの成功を掴み取りましょう。

この記事のライター

マッケンジー友紀

会社員時代に、化粧品、時計、ファッションの広報を経験。ピラティストレーナーをしながら2016年、PR TIMESのプレスリリース作成チームにジョイン。2020年からはPR TIMES MAGAZINEのメンバーに。公式Twitter@PRTIMESMAGも担当しています。広報PRに従事する人の多彩なポテンシャルを開花するようなコンテンツを目指したいです!

この記事に関連する記事

今注目の記事