【トレンド徹底活用術 vol.22】ハロウィン編:ペルソナに合わせた時流に沿った提案がポイント!

新商品や新サービスの一次情報となるプレスリリース。せっかくなら多くの人に届けたいものです。

自社の情報の内容そのものは変えられなくても、季節のトレンドを関連させ、切り口を工夫することで、情報に付加価値を与えることができます。注目度が上がれば、メディアに取り上げられて生活者に届く可能性も高まります。

そこで「トレンド徹底活用術」では、PR TIMES編集部が、トレンドキーワードをプレスリリースへ落とし込む方法を考察。

本記事では「ハロウィン」をピックアップして、特に需要なステップを解説します!飲食系の企業、コスメや雑貨を販売する企業、エンタメ系の企業の方は特に活用しやすいトレンドのため、ぜひ参考にしてみてください。

ハロウィンをプレスリリースに活用する重要な3つのステップ

毎年10月31日はハロウィン。カボチャのランタンを飾ったり、魔女に仮装したり、お菓子を交換したりと、年間を通しても盛り上がるイベントです。

ハロウィンはビジュアルが華やかなことからも、グッズやイベントがあるとつい目に留まりますよね。「自社でもハロウィン関連の商品を発売するけど、コロナウイルスの状況を考えると、どのように扱っていいのだろう」と悩む広報担当者もいらっしゃるでしょう。

今回は「ハロウィン」を活用したプレスリリースの作成について解説。基本となる全ステップは以下9つです。

トレンドキーワードをプレスリリースに活用する基本の9ステップ ハロウィン

本記事では、このうち特に重要な3つのステップを解説していきます。基本となる全9ステップについては以下のこちらの記事で解説してます。参考にしてみてください。

打ち合わせイメージ

重要STEP1.ハロウィンの由来や本来の意味合いを調べる

まずは、ハロウィンの由来や、現代における意味合いを知るところから始めましょう。

由来を知る意味

今ではハロウィンは仮装を楽しむイベントとして受け入れられていますが、本来どのようなイベントであったか、正しく理解している人は少ないのではないでしょうか。

世界的なイベントには、由来に諸説あったり、国や時代によって風習が異なったりと、調べることで意外な側面を知ることも多いものです。

地道なリサーチではありますが、本来の意味や由来、新たな側面を見出すことは、トレンドを活用した情報発信をする上で、土台となる基礎知識となります。

ハロウィンの由来

ハロウィンの起源は諸説ありますが、一般的には何千年も前の古代アイルランドにあるとされます。

収穫期の終わりの時期は現世と来世の境界が弱まり、死者の魂が生家に帰ってくると信じられていました。そして、死者の魂は、幽霊や妖精などの姿をして帰ってくるとされていたため、人々も不気味な仮装をして死者に紛れ、隠れていたそうです。

その後、キリスト教やアメリカの文化と融合し、1980年頃から徐々に日本でも親しまれるようになりました。

現在では、若い世代がアニメのキャラクターや著名人など仮装自体を楽しむイベントとして定着していますが、かつては年齢にかかわらず、身を守るために怖い仮装をしていたようです。

このように、由来や変遷を調べてみたり、あるいは「ジャックオランタン」や「トリックオアトリート」など関連して気になったワードを調べてみたりすることで、新たな発見があり、着想を得る手助けとなるかもしれません。

参考:駐日アイルランド大使から日本の皆様へ、ハッピー・ハロウィーン!

重要STEP2.情報収集をして、今年の傾向や対策をチェック

由来や本来の意味合いを調べたら、次にハロウィンのトレンドを調べてみましょう。自社製品を活用した楽しみ方を提案するきっかけになるかもしれません。

情報を集めて傾向を捉える

これまでは渋谷や心斎橋など繁華街で大勢の人と楽しむのが主流でしたが、コロナ禍でその状況は変わってきています。

2020年のハロウィンもほとんどの人が繁華街に集まらなかったことを考えると、ワクチンの接種者数が増えている今年も、昨年同様に「おうちハロウィン」が主流となることが予想されます。

おうちハロウィンは、単にハロウィンをお家で小規模に楽しむ、というだけではありません。「ハロウィン=仮装」という楽しみ方が主流だったころに比べると、楽しみ方が多様化しています。

具体的にどのようなトレンドがあるのか、インターネットやSNSで調べてみましょう。

<検索ワード例>
「ハロウィン トレンド」
「おうちハロウィン 過ごし方」

このように検索をすることで、具体的なハロウィンの動向を見ることができます。

調査結果から市場を捉える

他社が行ったハロウィンに関する調査結果を調べてみるのも有効です。

以下の調査リリースを見てみると、想像以上にいろいろな楽しみ方が出てきていることが分かります。これは同時に、新たな楽しみ方の提案が受け入れられやすい時代であるとも言えるでしょう。

<ハロウィンに関する他社の調査リリース例>
今年はおうちハロウィンが増加傾向!「友だちとオンラインパーティ」「青空ハロウィン」「仮装はするがお菓子はもらわない」の声も。

世論や市場の動向を反映した情報発信は読み手の理解共感も得やすくなります。例えば、自社プロダクトが時流にマッチしていることの裏付けとして調査結果を用いているこちらのプレスリリースのように、読み手の理解を促す要素として調査結果を引用することも有効です。

その際、他社が行った調査結果を用いる場合は許諾を得るなど注意も必要です。以下の記事も参考にしてみてください。

重要STEP3.ペルソナを設定する

ハロウィンの過ごし方が多様化し細分化したことで、より重要さを増すのがペルソナの設定です。

漠然とアピールポイントを挙げるのではなく、自社の商品やサービスを一番誰に伝えたいのか改めて考えることによって、どのような切り口で、どのポイントを強調して提案すべきかも見えてきます。

<ペルソナごとの提案例>
・20代女性がターゲットのコスメ
 →オンラインで友人と集まるため、画面越しでも映える色合いがポイント

・10代以下がターゲットのお菓子
 →個包装で配りやすいかがポイント

可能な限り、自社のプロダクトに沿った具体的なペルソナ像を設定しましょう。友人や職場でかかわる人はどれくらいいるのか、パートナーはいるのか、実家暮らしなのかなど、ペルソナを磨き上げることが、より共感を呼ぶ提案への秘訣です。

着目したトレンドキーワードが同じでも、ペルソナ設定が異なるだけで伝え方は変化していきます

下記の2つのプレスリリースは、いずれも「仮装用のマスク」に着目していますが、ペルソナ像が異なるため、想定利用シーンやアピールポイント、見せ方にちがいがあります。

<プレスリリース①>
今年のハロウィンは、マスクで安心!楽しい!!お得!!!「よみラン マスクdeハロウィン」
ペルソナがお子様なので、ポップなビジュアルを活用して、安心感と楽しさを前面にアピール。

<プレスリリース②>
【WEB限定】かわいい☆ハロウィン、コウモリ、おばけのオリジナル刺繍マスクを生活応援価格!3枚セット780円(税込)で販売!
ペルソナはおそらく大人の女性で、カラーでハロウィンらしさを演出しながらも、画像はすっきりと整理され、アピールポイントも機能性が主に。

上記ステップで調べた意味合いや時代の流れを踏まえて、設定したペルソナには、自社プロダクトの情報をどのような切り口で発信するのが効果的なのか、見極めましょう。

打ち合わせイメージ2

些細だけれど大切なポイント2つ

主に重要となるステップは上記3点です。しかしそれ以外にも些細だけれど大切なポイントがあります。基本ステップに沿って実行する際の参考にしてみてください。

その他ポイント1.画像にこだわり、SNSでも情報を発信しよう!

プレスリリースを誰に届けるか決めた後は、画像素材を準備しましょう。

ビジュアルを活用することでプロダクトの魅力を存分に伝えられるだけでなく、SNSで拡散されやすくなるため、引き続き「映え」は重要なポイントです。

「ハロウィン特集」などの企画が組まれるこの時期、メディアは膨大な量の中から取り上げる情報を選びます。他社と差別化できるように、世界観を反映した華やかな画像を作りこんで、テキストだけでは伝えきれない商品の魅力を伝えましょう。

また、メディアによって使いたい画像は様々です。それぞれのニーズに対応できるよう、豊富な種類の画像を用意しておきましょう。

<参考例:画像を活用したプレスリリース>
お家パーティーを盛り上げる、キュートなおばけにプティケーキ。アンテノールのハロウィン限定スイーツ【インスタグラムキャンペーンも実施】

PR TIMESで配信する場合、プレスリリースに掲載しない画像もアップロードすることができます。豊富に用意した素材はなるべく多くアップロードすることをおすすめします。

プレスリリースにおける画像については以下の記事も参考にしてみてください。

<合わせて読みたい>
【PR TIMESノウハウ】メイン画像を選ぶ3つのポイント&惜しいメイン画像の特徴を紹介
【プレスリリース用の画像編集】メディア掲載にも対応できる画像を作る4つのテクニック

さらに、プレスリリースの配信直後だけでなく、駆け込み需要を見込んで10月31日の直前にもSNSでシェアするのもお忘れなく。

その他ポイント2.届け方をカスタマイズ!配信設定を活用して「ハロウィン」情報を求めている人へ

PR TIMESではプレスリリースを配信する際にキーワードを登録できます。ハロウィンの他にキーワードを加えて検索する人も多くいます。そのため、「ハロウィン」はもちろん、アピールしたいカテゴリもキーワードに設定することで、より効果的に届けられるようになります。

<追加するカテゴリ例>
・ハロウィン メイク
・ハロウィン コスプレ
・ハロウィン レシピ

また、長音符を含めた「ハロウィーン」も併せてキーワードに設定しましょう。Googleトレンドで比較してみても、一般的に使用されるのは長音符なしの「ハロウィン」ですが、「ハロウィーン」で検索する人もわずかに存在します。

また、NHKをはじめメディアによっては「ハロウィーン」の表記で統一しているため、併せてキーワードに含めることで、メディアに届きやすくなることが見込めます。

参考:「Halloween」のカタカナ表記|NHK放送文化研究所

情報収集で時流を捉えて、効果的に独自の魅力を発信しよう!

日本でのハロウィンの過ごし方は、ここ数十年である程度定番化してきていましたが、最近では楽しみ方が多様化しており、改めて、どのように過ごす日なのかが見直されつつあります。様々な情報を集め、時代に即した楽しみ方を提案できるとよいでしょう。

画像作成やキーワードの設定など、普遍的に重要なポイントはあるものの、世の中の動きによって、過ごし方のトレンドや生活者の意識は随時変化します。

時流を捉え、ペルソナ像を意識した情報発信を心がけましょう。

<編集:大森 美野>

トレンドキーワードをプレスリリースに活用する基本の9ステップ ハロウィン 重要ポイント

この記事のライター

小泉 玲雄

2021年に学生インターンとしてPR TIMES入社。趣味で行っていたアプリ開発を通して、PRの重要性と奥深さを痛感。入社後は、多くの方に効果的な情報発信をしていただけるように、Webセミナーの設計をしたり、記事の執筆をしたりしています。お笑いが好きすぎて、大学では言語学の観点からコントの研究をしています。

この記事に関連する記事

今注目の記事