若手広報におすすめ!広報勉強会・広報コミュニティでスキルアップ

初めて広報に就任してこれから取り組もうとしている方や、新任広報時代から自分なりのスキルアップを目指してきた方にとって、広報の基礎を確認したり、他社の広報担当者と交流して自らの活動を振り返ったりする機会はとても重要です。

先輩や上司から学ぶのももちろん大切ですが、場合によっては「広報は自分ひとり」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。そのようなときにレベルアップの機会としてあるのが、広報勉強会セミナー広報コミュニティなど外部の集まりです。

しかし漠然と「広報勉強会に行ってみたい!」と思い立っても、どこに行くのが良いのかなかなか判断がつかないと思います。そこで、広報界隈で注目のスキルアップの場をいくつかピックアップしました。それぞれの特徴について見ていきましょう。

広報勉強会で得られるものはスキルだけではない

広報の実業務がある中で、さらに広報勉強会や広報コミュニティに参加しようとするのは、自らの広報スキルを成長させ、さらに大きな挑戦をしたいときでしょう。それぞれのコミュニティで多くの知識や経験が共有されるため、様々なナレッジを習得することができますが、それ以上に価値があるのはやはり「仲間」との出会いです。

ベンチャー企業やスタートアップでは特に、「ひとり広報」となることが多いのが実状。だからこそ、社外のコミュニティに顔を出すと、同じような悩みを持った相手と同じ目線で相談し合うことができるため、互いにインプットもアウトプットもできる機会となります。とくに新任広報時代に出会う仲間は、共に支え合いながら互いの成長に刺激を受けて頑張り合える、心強い味方となるでしょう。

広報担当者同士の繋がりが広がっていくことで、他社広報と一緒に企画を練ったり、共同のイベントを開催したりと、自社の力だけでは難しいメディアにも提案の幅が広がります。さらに知り合った広報担当者を経由して業務提携の橋渡しとなるなど、互いのビジネスチャンス拡大につながる可能性もあります。

新任広報には会費制の定期セミナーも

広報勉強会やセミナー、広報コミュニティと学びの場を指す言葉だけでも複数の呼称があって迷ってしますが、新任広報の方には会費制で開催される勉強会で、基礎を固めるというのもひとつの方法です。

会費制の広報勉強会は、定期開催が中心。会員になればいつでも参加できる形式がほとんどです。未経験から広報活動をスタートする際に、まずは広報の基礎について一通り学びたい、学びながら横のつながりも作っていきたいという方には、不定期開催のコミュニティよりも一定のペースで学びのリズムを作ってみるのも良いかもしれません。

というわけで、広報初心者の方におすすめの会費制勉強会・セミナーをご紹介しましょう。

PRアカデミー

『広報担当者が活躍できるプラットホーム』をコンセプト掲げる「PRアカデミー」は、いわば広報に特化したスクールのような存在。広報初心者が基本的なノウハウを学ぶことで、一人ひとりが活躍していけるようにと考えたのが「PRアカデミー」の始まりです。マスコミ人脈の紹介も行われるため、様々なネットワークを築くこともできます。

2013年のスタート以降、6年半で勉強会は77回、交流会は745回開催されているようです。(※2020年2月末時点)
また2020年2月からは、広報担当者育成を目的とした月額5万円(税別)の「伴走プラン」もスタートしています。代表の栗田氏から直接アドバイスをもらい、実践の中で成長を志向したい方にはおすすめです。

PRアカデミー
https://pr-academy.jp/

若手広報担当者の会(若担会)

若手広報担当者の会(若担会)は、初開催から今年で34年目になる歴史ある広報勉強会です。

特徴は、会員を100社100名に限定していること。入会には役員による審査もあり、様々な企業団体の広報担当者が業種の枠を超えて参加しています。若担会の活動は、100人の会員が20人ずつ分かれて行う分科会が中心。その他、全会員を対象とした「全体会」では、有識者の講演なども行われています。

毎回の勉強会や年に一度の合宿など全ての活動は会員自らが企画・運営して開催しているため、広報スキルはもちろん、企画力やプロジェクトの推進力もあわせて身に付けられるのではないでしょうか。

年会費は12,000円で、現在(2020年2月現在)は定員に達しているため入会待ちとなってしまいますが、退会により人数が変更になった場合は参加可能です。若担会は後進に席を譲っていこうとする価値観もあるというので、興味がある方は問い合わせフォームから入会希望の旨を連絡してみましょう。

若手広報担当者の会
https://www.wakatan.jp/

広報勉強会やセミナー後の「懇親会」でじっくりコミュニケーションを

広報は企業の中でも少数精鋭のチームであることがほとんど。日常業務の中で同じ職種の方と出会う機会は少ないですよね。せっかく勉強会やセミナー、コミュニティに参加するのであれば、この機会にじっくりと膝を突き合わせて交流を深めたいという方もいらっしゃると思います。

そのような方には、「懇親会」が開催される広報勉強会やコミュニティがおすすめです。積極的にコミュニケーションを取れる方であれば、わざわざ懇親会がセッティングされなくても…という方がいるかもしれません。しかし、意欲的につながりを求める広報担当者が一堂に会する機会というのは、互いに打ち解けやすく、やはり貴重な機会でしょう。声をかけるのが苦手だという方も、一度参加してみることで思いがけない出会いがあるかもしれません。

懇親会を開催しているおすすめの広報勉強会を見ていきましょう。

広報寺子屋

広報寺子屋は、先ほどの若担会よりも“ゆるさ”が特徴のコミュニティです。TwitterなどSNSの口コミで広がり、広報初心者でも気軽に参加できるような空気づくりを大切にしています。広報に関する講義だけでなく、ITベンチャーの広報に焦点を当てたワークショップなどのコンテンツもあります。

参加無料となる勉強会の後は、実費参加ができる懇親会が毎回行われています。広報担当だけでなく、人事担当やマーケティング担当が参加されることもあり、新たな発見の機会にもなりそうです。

広報寺子屋に公式のウェブサイトはなく、主にメーリングリストとFacebookの非公開グループで告知や情報交換をしています。気になる方は、広報寺子屋で調べてみてくださいね。

イフラボ

イフラボは、アステリア株式会社(旧・インフォテリア株式会社)の広報担当である長沼史宏氏が主催する、「お茶の間にもリーチする露出戦略から逆算した広報活動」をテーマに掲げる有料の広報勉強会です。

『攻めの広報』から謝罪会見などの『守りの広報』まで1年間のカリキュラムを通じてプロの広報担当として必要な知識が学べます。勉強会は再講義を含めて毎月数回、会場での開催とオンライン配信も行っているので、遠隔地&子育て中の方でも受講しやすいのが特徴。四半期ごとに参加メンバーによる成果報告会(無料)も開催されています。

また、メンバー限定の『オンラインサロン』では日々の報道からメディアの特性やPR活動のポイントを解説。より実践的な知見やスキルをお伝えしています。600名以上の広報担当者がフォローしている広報コミュニティとしても運営中だそう。

広報勉強会@イフラボ
https://infoteria-koho-meetup.peatix.com/

戦略広報を目指す会

戦略広報を目指す会は、「マーケティングと広報PR が垣根を超える」をテーマとした、企業の広報やマーケターのためのコミュニティです。Facebookページへの参加は無料で、イベント当日は数千円(回により異なる)の参加費で懇親会に参加できます。ゲストスピーカーの貴重な体験談を聞けるうえに、懇親会の場で密なコミュニケーションを取るチャンスもあります。

「戦略広報」を意欲的に学ぼうとする現役広報同士、ノウハウが学べるだけでなく、広報という仕事がもっと好きになれるのではないでしょうか。マーケティングの視点を取り入れていきたい方にもおすすめです。

戦略広報を目指す会
https://www.facebook.com/groups/2162290007317277/?ref=share

戦略広報を目指す会に参加した方の声はこちら

BtoB/IT広報勉強会

BtoB/IT広報勉強会は、主にBtoB事業を展開する企業の広報担当者を対象に開催されている不定期の勉強会。メディア編集長による媒体解説・記事制作過程の講義や、ブランディング・オウンドメディアなど各領域の専門家からその分野に関するレクチャーを受けられるのが特徴です。

ゲストによる講義・ディスカッションの後には交流タイムが開催されます。また広報担当者同士のネットワーキングだけを目的とした「交流会」も不定期で別途開催されています。ゲストに日頃の悩みを相談したり、広報仲間とBtoBならではの課題を共有したりと座学と交流の両面から学びを得られる場となるでしょう。

普段はなかなかお会いできないメディア編集長・ディレクターや各領域の第一人者から直々にノウハウを学びたい方は是非参加してみてくださいね。

BtoB/IT広報勉強会
https://www.facebook.com/B2B.PR.jp/

2019年11月に開催されたBtoB/IT広報勉強会のレポートはこちら

#PRLT

#PRLTは、他の広報勉強会とは少し違い、広報PRにまつわる特定のテーマに沿って複数人が立て続けに発表をするLT(ライトニングトーク)大会を中心とした、広報PRに関するナレッジをシェアしあうコミュニティです。

自分ならではの経験や学びを話すもよし、思い切って失敗談や悩みを打ちあけるもよし。自由にプレゼンテーションし、自由に意見が述べられる場であるため「私はまだ初心者だから」と気負いする必要はありません。プレゼンテーションの場となるため、人の前に立って話すのが苦手な方や、話したことがない方にとっては練習の場ともなります。

話す側・聞く側など参加方法によって異なる体験が得られたり、メディア関係者や広報・エンジニアなど多様な職種・広報歴の人と交流できたりと楽しめる要素が盛りだくさんです。気軽に参加してみてはいかがでしょうか。

#PRLT
https://prlt.connpass.com/

2019年12月に行われた#PRLTのレポートはこちら

広報勉強会で広報スキルと人脈を広げよう

広報勉強会やセミナーに参加することで、スキルや知識はもちろん、参加者との交流を深めることで人脈を広げることができます。多くの関係者と関わり、つながりながら仕事をつくっていくことのできる広報担当にとって、外部のコミュニティで出会う「仲間」の存在はとても重要です。

また、勉強会やセミナーと一言にいっても、様々な形式、様々な内容のものが存在します。どのような場が自分に向いているのか、自分はどのように成長していきたいのかをじっくりと考えて、参加するコミュニティを選んでみること自体が、良いきっかけになりそうですね。

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事