【PR TIMESノウハウ】文字や表の装飾・書式・見出しの整理をする方法は?

プレスリリースは、内容を即座に正しく理解できるよう、できるだけ簡潔にまとめることが重要です。そこでマスターしたいのが文字の装飾テクニック。より強調したい部分をアピールしたり、目につくようにするために、文字や表の装飾・書式・見出しの整理はどのようにしたら良いでしょうか?

本記事では、PR TIMESのプレスリリースにおいて、書式の変更や装飾はできるのか、本文の装飾をする際の注意点などについて紹介します。

書式の変更や装飾・表の挿入はできるの?

そもそも、PR TIMESでプレスリリースを登録する時に、書式の変更や装飾・表の挿入はできるのでしょうか。本章では使用可能な装飾様式をまとめました。

基本的には転載しても書式が崩れないようシンプルな仕様

PR TIMESでは、シンプルながらも情報の強弱や整理には遜色ない機能を用意しています。

というのも、過度な装飾を行い、プレスリリースがメディアに転載した際に書式が崩れることを防ぐためです。

具体的に言えば、

  • 文字の大きさを変える
  • 文字のフォントを変える
  • 文字にカラフルな色をつける

といった機能はありません。

複雑な表の挿入はできないため、画像として挿入を推奨

プレスリリースで使用することも多い「表」の作成。こちらは、プレスリリースの登録画面上で表の作成・挿入ができるようになっています。横×縦で必要なセル数分の枠を作ることができます。

ただし、一部のセルに色をつけて強調したい、セルのサイズを指定したいなどの高度な編集は文字の装飾同様に転載先メディアで体裁が崩れないようにするため、行えない仕様となっています。

もし、そのような表を挿入したい場合は、PR TIMESのプレスリリース登録画面で作るのではなく、ドキュメント作成時に用意した表を画像として保存し、プレスリリースにも「画像」として挿入するのがおすすめです。

本文の装飾をするときの注意点

ここからは、PR TIMESの文字装飾機能を上手に活用して、情報を的確に効率よく伝えるためのヒントをお伝えします。

装飾に頼らず強調するポイントを整理することが重要

まず、心がけておきたいことは、装飾に頼らず、強調するポイントを整理しておくということです。

たとえば新商品を発表するプレスリリースの場合、プレスリリース本文に盛り込みたい内容としては、発表する商品・サービスの特徴や詳細、開発した背景、今後の展望などが挙げられるでしょう。

この際に、ただ機能や内容を羅列するだけでは、どこが重要なのか、どこがアピールポイントなのか伝わりにくく、大事な情報を読み飛ばされてしまう可能性があります。本文作成前に情報を整理し、要点ごとにまとめておくことで、多くの読み手がスムーズに内容を理解できるようになります。

その上で特に重要な箇所に絞り、適切に装飾を活用することが大切です。

小見出しを整理して情報をまとめる

わかりやすく情報をまとめるには、小見出しの整理が効果的です。

実際にPR TIMES上で公開されているプレスリリースでも、記号と太文字を組み合わせて小見出しを作っているものは数多くあります。

例えば、下記のようなイメージです。

▶︎・・・小見出しの内容を記載・・・

【・・・小見出しの内容を記載・・・】

また複数の商品特徴を伝えたいときや調査リリースで調査結果のサマリーを載せたいときなどは、箇条書きや番号付きリストを活用するケースも。

  1. ・・・ポイントの内容・・・
  2. ・・・ポイントの内容・・・
  3. ・・・ポイントの内容・・・

以下、装飾をうまく活用した参考リリースをご紹介します!

発売から41年、ついに白黒つけました!「カフェオーレ」史上最大のリニューアル!新「カフェオーレ」誕生

新商品を発表するプレスリリースは全体的に過度な装飾をおこなわず、商品画像が引き立つようなまとめ方にするのも良い方法です。重要な箇所のみ太字や下線をつけるなど、シンプルだからこそポイントが伝わってきます

ママ・パパ2,172名を対象に『子連れ出勤』に関する意識調査を実施。新しい働き方!『子連れ出勤』をしたいママ・パパは約8割。勤務先の保育環境が整っているのであれば、子連れ出勤したい!

調査結果のサマリーは項目数が一目瞭然でわかるよう「番号付きリスト」を活用し、調査結果の詳細は「番号なしリスト」でまとめられています。このような使い分けも非常にわかりやすいと言えるでしょう。結果や見出しなど、目立たせたい箇所には太字や下線もつけています。どこが重要ポイントなのか注目しやすい作りですね。

文字化け・エラーに注意

文字を装飾する際には、以下のような文字を入力すると、配信時に文字化けやエラーが発生する原因になってしまいます。配信前に一通りチェックできていると安心です。

  • ワードなど、別のファイルで作成した文章をコピー&ペーストする(一度メモ帳などを用いてプレーンテキストにしてからペーストすることをおすすめします)
  • 環境依存文字 【例】❤ ℀ ☸
  • 推奨環境以外のパソコンでの入力(iOSは推奨環境ではありません。)
  • <>で囲まれたHTMLタグなどの文字コード

推奨環境は以下の通りです。

【OS】 Windows 8.1、10
※Mac OSXでも動作上は問題なく利用できますが、文字化けの可能性があるため推奨環境外となっています。
【ブラウザ】 Google Chrome、FirefoxならびにEdgeの最新バージョン
(OSによって有効なブラウザのバージョンがかわる可能性があります)
【CPU / メモリ】 1.3 GHz / 512MB以上
【アプリケーション】 Adobe Reader、Microsoft Office
※iOSは推奨環境ではありません。

正しく情報を発信するためにも、注意しておきましょう。

PR TIMESで可能な装飾とやり方

では、ここからは実際にPR TIMESで可能な装飾とやり方をご紹介します。

PR TIMESでできる文字の装飾は、以下の5点です。

  • 太字
  • 斜体
  • 下線
  • 番号付きリスト(箇条書き)
  • 番号なしリスト(箇条書き)

まずは文字を入力した後に、本文をドラッグし、ハイライトします。

プレスリリース作成時の文字装飾のやり方_01

ハイライトしたのち、入力画面右側に表示されている「装飾アイコン」から、変更したい装飾を選択します。

左側から、太字・斜体・下線・番号付きリスト・番号なしリスト、の順です。

プレスリリース作成時の文字装飾のやり方_02

装飾は、組み合わせて使うことも可能で、太字にしたものに下線を引く、などの装飾も行えます。

ただし、斜体は半角英数字のみに反映されるのでご注意ください。

また、リストは背景色がグレーになるので、リスト内テキストを太字にして目立たせると、見出しのようになり本文にメリハリがつきます

番号なしリストの装飾を活用した例
番号なしリストの装飾を活用して見出しの役割に

PR TIMESでの表の挿入方法

最後に、PR TIMESでの表の挿入方法についてご紹介します。

表の挿入は、まず、表を挿入したい位置にカーソルを合わせます。本文入力エリア右側に表示されているツールバーの中の、マスのイラストをクリックしてください。下図のような画面が表示されます。

表の挿入画面_01

表示されたマスの中にカーソルを合わせると、表の大きさを自由に指定できるので、希望のマス目の位置でクリックしてください。(下図左)

この場合、3マス×3マスの表が作成されます。

表の挿入画面_02

これで本文中に表が挿入されます。あとは各セルを選択し、本文を直接書き込んでください。

ただし、この手順で作成した表は、プレスリリースが転載された際には、転載先ではURL表記となります。転載先でも表として表示させるには、ドキュメントで作成した表を画像として保存して本文内に挿入しましょう

シンプルで分かりやすいプレスリリースがGOOD

本記事では、PR TIMESで配信するプレスリリースの文字や表の装飾・書式・見出しの整理をする方法についてご紹介しました。

プレスリリースを読みやすくするのに、過度な装飾は必要ありません。小見出しを作ったり太字や表を活用したりして、伝えるべき情報をコンパクトにまとめ直してみましょう。また本文全体を読みやすくするには、画像を挿し込んでメリハリをつけるなど、文字の装飾ではなく構成を工夫すると、プレスリリースの完成度がグッと高まりますよ

みなさんもプレスリリースを作成する際には、ぜひ、本記事で紹介したテクニックを参考に、シンプルかつわかりやすい内容を心がけてみてくださいね。

この記事のライター

PR TIMES MAGAZINE編集部

日本最大級のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。営業、カスタマーサクセス、パートナー事業に携わるメンバーが在籍しています。広報PR担当者さまからのお問い合わせやご相談の経験を活かし、広報PR担当者さまの気づきや行動につなげられる記事を執筆しています。

この記事に関連する記事

今注目の記事