広報担当者が鍛えたいスキル・能力を解説!スキルアップを目指すには?

様々な広報の手段やツールが増えた近年では、広報の仕事がより幅広いものになっています。自社の魅力を関係者や社会全体に伝えていく重要な役割を持つ広報。企画を生み出す発想力や社内の情報を整理する調整力など、広報には多くの能力やスキルが必要となっています。

では、広報担当者としてどのようなスキルを身につけておくべきなのか。今回は、広報として身につけておきたいスキルについて見ていきましょう。

広報の役割・仕事内容は?

広報と一口にいっても、業務は幅広く、担当する仕事内容ごとに必要な能力・スキルは多少異なってきます。初めて広報に就任した人は、「どのようなスキルが必要なのか」「広報活動として成果を出すには」と気になるのではないでしょうか。そんな時はまず、広報の仕事内容を丁寧に理解することからはじめてみましょう。

ここでは、社内広報社外広報の2種類に分類し、それぞれどのような仕事なのか説明していきます。

社内広報の役割・仕事内容

組織を強化し、社員や社員の家族など、組織に関わる大切な方々に向けた様々な活動を「社内広報」と言います。社内広報は、インターナルコミュニケーションやインナーコミュニケーションと呼ばれることもあります。

自社の経営方針や企業理念を様々なかたちで発信し、共感を育むことで、社員の進むべき方向を示すことができます。自社の文化をあらゆる角度から見つめ、発信することで、仕事を通じた成長について考えるきっかけを与えます。

さらに、部署を超えた横のつながりをつくるための社内イベントや、自社らしさを表現するツールを制作することも社内広報の役割のひとつです。

<社内広報の例>
・企業文化を言語化する
・企業文化を体現できる社内イベント等を開催する
・社内報や社内新聞で経営方針を発信する

社外広報の役割・仕事内容

対して社外広報は、一般的に「広報」と言われてイメージするような社外のメディアや投資家・株主、一般生活者に向けて行う活動を指します。具体的には、企業活動に関するニュースや新情報、経営方針や決算情報などについて広く公に情報を発信します。自社の認知度向上や、事業のユーザー、ファンを増やし、企業活動の拡大や成長を目指します。

社外広報にはメディアに情報提供を行う「メディア・リレーションズ」や、IR(アイアール)と呼ばれる「インベスター・リレーションズ」の活動も含まれます。そして、情報発信の手段にはプレスリリースが用いられ、相手にとって有益な情報を開示することで双方に関係を築き、結果としてパブリシティに繋げていくことが求められます。

<社外広報の例>
・企業活動に関する新情報をプレスリリースで配信する
・関連性のあるメディアへ企画を持ち込み、取材を受ける
・SNSで自社情報を配信する
・オウンドメディアで情報を配信する

広報担当者に必要な5つのスキル・能力

では、社内・社外問わず広報の仕事に取り組んでいくために必要なスキル能力とはどのようなものなのでしょうか。ここでは、基本として押さえたいスキルや能力を紹介します。

1.文章力

広報の基本的な役割は「伝える」ことです。企業情報を適切に発表するためにプレスリリースを作成したり、代表インタビューの台本や原稿を用意したりと、文章力はどのような場面でも重要になります。

「文章力」には、商品やサービスの魅力的なポイントを見つけ出し、言葉にする言語化の力も含まれます。表現や説明が上手くなるだけでなく、メディアやユーザーなど情報を受け取る方々にとって有益性を追求する観点で、自社の魅力を見つけ、言葉にできることが重要です。

2.プレゼンテーション能力

広報は、プレスリリースのように文章で情報を開示するだけでなく、プレゼンテーションを通じて言葉で情報開示を行う場面も多々あります。メディアの方々に会いに行って、発表前情報を紹介するのもひとつのプレゼンテーションですね。

文章で何度も読み返せたり、発表した時点の歴史が積みあがっていくことがプレスリリースの良さであれば、プレゼンテーションは会社を代表して広報が思いや情熱を伝えられること最大のメリットです。伝えるべきポイントは押さえながらも、自社が伝えたいことばかりを優先せず、目の前の相手が何を知りたいかに応える姿勢が大切です。

3.情報収集能力

社内の出来事だけでなく社会の動きにも目を向け、様々な情報をキャッチアップする必要がある広報にとって、情報収集力は必要不可欠なスキルとも言えます。

インターネットの無かった時代とは違い、今は検索すれば誰でもあらゆる情報が手に入れられるようになりました。しかし、どの情報が本当に必要なものなのか、信ぴょう性のあるものなのかを十分に検討する審美眼が同時に求められるようになったとも言えます。

また収集した情報の使い方も、広報の腕の見せ所。自社の活動やニュースと繋がる文脈がなければ、「話題に乗っただけ」の状態になってしまいます。自社にとって、またその情報を目にする方々にとって、より価値のある情報にするビジョンを持った情報収集が理想的です。

4.コミュニケーション能力

対メディアだけでなく、一般生活者や顧客など幅広いステークホルダーと双方向のコミュニケーションを行うのが広報の役割です。広報は「会社の顔」とも言えるポジションのため、円滑なコミュニケーションによって、相手との関係性をよりよくしていくことは会社の重要な資産となります。

より良いコミュニケーションには、時に「ノー」と言う勇気も必要です。広報戦略の方針に沿うかどうかだけでなく、企業理念やミッションに沿うかどうか、高い視座での判断を迫られる場面もあるでしょう。

信念をもってコミュニケーションに臨むことと、人当たり良く円滑に話すこととは、まったく別の話です。同じ情報で、複数のメディアとコミュニケーションをとる場合も、一人ひとり相手に合わせた誠意あるコミュニケーションに努めることが何よりも大切です。

5.計画・企画力

広報として情報発信のスキル以上に重要なのが、計画・企画力です。「そもそもどのような情報がよいか」「どのような伝え方がベストか」などについて計画や企画を立てる力は、先を見越す力と言い換えることもできます。

目標となる旗を設定し、どのような道筋でその旗を目指すのかを明確にすると、広報チーム全体で共通認識が持つことができるだけでなく、自分自身の思考も整理されます。

目標となるゴールを設定することなく文章を書いたり、メディアとコミュニケーションをとったりするのは、自分自身も不安ですし、何よりも難しいですよね。目標を整理すると、期間や予算、事前のコミュニケーションが必要な関係者なども整理されるため、広報にとって欠かせないスキルと言えます。

広報担当者におすすめの3つのスキルアップ方法

広報に必要なスキルがわかったら、スキルアップのための方法も気になりますね。もちろん日々の広報業務こそ最良のスキルアップ方法と言えますが、その他の方法についても見てみましょう。

1.勉強会に参加する

様々なコミュニティで広報の勉強会が行われています。広報担当者同士の横のつながりをつくることもできるので、こちらの記事も参考に気になるものを探してみましょう。また、広報に特化した勉強会以外でも、文章力やプレゼンテーションなど、自分の身につけたいスキルに応じて参加を検討してみるのも良さそうです。

2.イベント・セミナーに参加する

広報担当者に向けたイベントやセミナーも多数開催されています。具体的なスキル・能力を「勉強する」というよりも、経営者や専門性を極めた方々のプレゼンテーションやディスカッションから、高い視点での心構えを持つことができます。他社の広報への考え方を知ることができるのもイベントやセミナーの利点です。

3.他者の広報担当と話してみる

他社の広報担当者と情報交換をする機会を得ることで、まったく異なる考え方や、自分自身と共通する点を知ることができ、自らの成長が見込めます。そしてそれは、相手にとっても同じことが言えるので、お互いに良い刺激を与え合うことができれば、広報業界そのものがより活発になっていくでしょう。人脈を広げるきっかけには、イベントやセミナーが有効です。

広報担当者に向いている人の特徴・性格・考え方

広報担当者は「会社の顔」となり、多くの方々と関わる仕事です。幅広い広報業務を円滑に進めるためのスキルだけでなく、広報に向いている人の特徴や特性も知っておくと良いでしょう。

社交的な人

プレスリリースを配信したり、イベントを運営したり、社外交流の機会が多いのが広報です。メディアの方々はもちろん、多くの協力者とのコミュニケーションがあってこそ成功する活動だと言えるでしょう。そのため、様々な立場の人と協力し、ワンチームでプロジェクトを進めていく必要があります。

プロジェクトを円満に進めていくためには、良好な人間関係は欠かせません。良い人間関係、信頼関係を結び、共にゴールを目指すためにも、社交的で人当たりが良く、相手の立場や役割を慮ることができる人物は広報として能力を発揮しやすいでしょう。

客観的な人

広報には常に客観的な視点が求められます。それは、メディアやステークホルダーを通じて、社会や生活者に向けたコミュニケーションを行う役割だからです。そのため、自分や自社のメンバーには伝わっても世間の人が見たらどう感じるのか、どう捉えるのかを常に客観的な視点で考える必要があります。

広報活動で発信する情報は、メディアや生活者に対して企業が直接開示する情報です。全体を通して他人には理解しがたいものだったり、内容がわかりにくかったりすると、企業全体のイメージとして「何が言いたいのかわからない」と感じ取られてしまう場合もあります。不都合な事実を隠さず、すべてつまびらかに説明を尽くそうとする姿勢も重要であり、それは相手目線での仕事ができるかどうかで差が生まれます。

積極的な人

広報業務は非常に幅広く、他社との連携が常に発生する仕事です。メディアからの取材依頼や、他社からの問い合わせを待っているだけではなく、自ら機会をつかみにいける人は、企業にとって多くのチャンスをつかみます。

ただし、相手のメリットを十分に考えず「売り込もう」とする態度では、チャンスをつかむどころか、関係性を毀損する場合もあります。自ら主体的に協力し、行動を起こすことが第一であり、その積極性がある人物は広報成果を積み上げていくことができるでしょう。

自社のメリットよりも相手や社会のためにどのような価値を生み出すことができるのかについて真剣に考え、その方法として時に連携や協力を依頼することが必要です。

好奇心旺盛な人

広報にとって好奇心旺盛かどうかは大きな武器になります。社会の動きにアンテナを高く張り、様々な情報をキャッチすること自体を楽しめる人はとても広報に向いています。また、キャッチした情報を様々な角度から見つめ、どのように活かすことができるかわくわくしながら考えられるかどうかもとても重要です。

他社の広報担当とコミュニケーションをとったり、様々なイベントに出席したりと、様々な場所に飛び込んでいくときにも、この好奇心は大いに活きるでしょう。

広報として成長するには日々の積み重ねが大切

広報としてのスキルは即日で身につくものではありませんし、すべてをはじめから持ち合わせている必要はありません。日々の広報業務を通じて少しずつ育み、様々な学びの機会を得るために、今回ご紹介した内容も是非参考にしてみてください。

大切なのは、実践こそが何よりもスキルを向上させると知っていることです。挑戦して、時に失敗もして、経験を重ねながら多くのスキルを身に付けていきましょう。

( 矢澤千晴/ ism編集部)

この記事のライター

アバター

PR TIMES MAGAZINE編集部

株式会社PR TIMESのカスタマーサクセス、社内広報、社外広報、イベント運営など8年以上広報PRと向き合うメンバーが在籍しています。日本最大のプレスリリース配信サービス「PR TIMES」を運営すること12年。さまざまな広報担当者からのお問い合わせやPRのご相談への対応経験を活かし、すべての広報PRパーソンに捧げるノウハウ記事を執筆中

この記事に関連する記事

今注目の記事