記事検索

【PR TIMESノウハウ】PR TIMESに登録してからプレスリリースを配信するまでの7ステップを徹底解説!

プレスリリースを公に発表するまでの道のりには、様々なステップがあります。特に初めてプレスリリースを配信するときは、1つひとつの工程に不安はつきもの。時には、途中でつまずいてしまうこともあるでしょう。

PR TIMESでは、一番はじめにおこなう企業登録申請から、様々なステップを経て配信完了に至るまで、誰でもわかりやすく、安心して進めてもらえるよう、管理画面のUI/UXから、サポート体制までより快適な状態を目指しています。

今回は、「この記事さえ読めば、誰でも配信まで完了できる!」ことを目指し、プレスリリースの配信完了に至るまでの全ステップを7段階に分解、徹底解説します!配信準備の途中でも、何かつまづくことがあったときには、是非この記事と照らし合わせて確認してみてくださいね。それではいきましょう!

PR TIMESの企業登録からプレスリリースの配信までの7ステップ

PR TIMESへの企業登録に始まり、プレスリリースを配信完了するまでの基本的な流れを7つのステップで紹介しています。「このステップについて詳しく知りたい」「読んでみたけど、よく分からないところがある」という場合は、各ステップを詳細に解説した記事リンクをご紹介していますので、そちらも是非確認してみてくださいね。

STEP1.PR TIMESに企業登録をしよう

PR TIMESでプレスリリースを配信するには、まず企業登録が必要です。企業登録申請ページから企業情報・担当者情報・請求書送り先等の情報を入力して、利用規約に同意した上で申請を行なってください

PR TIMESに企業登録

登録内容に問題がなく、PR TIMESの利用規約に同意していることが確認された場合に、本登録の案内メールが届きます。案内メールに記載されている確認URLをクリックすると本登録が完了し、PR TIMES管理画面へのログインが可能になります。

企業登録には審査があり、数時間から最長1営業日ほどの時間がかかります。プレスリリースの配信希望日がある場合には、余裕をもって登録を行いましょう。

自社にマッチする料金プランを決定しよう

PR TIMESの料金プランには、プレスリリース配信毎に料金が発生する「従量課金プラン」と、月々・半年・年間で料金が一定の「定額プラン」があります。

登録審査の通過後、すべての企業アカウントは「従量課金プラン」に設定されています

不定期での配信や月に1〜2回程度の配信を希望する場合には従量課金プラン、月30件の上限本数内で本数を気にすることなくプレスリリース発信を積極的に行いたい場合には定額プランがおすすめ。

料金プランは、管理画面左側「設定」アイコンの「料金プラン」から変更可能です。

PR TIMESの料金プランには、設立2年以内のスタートアップ企業や一定の基準を満たす社会貢献団体が、無料でプレスリリースを配信できるお得なプランもあります。条件を満たす企業・団体は、ぜひこのプランを活用してお得に広報活動を行ってくださいね。

登録方法や注意点 、登録の審査について、プランについては以下の記事でさらに詳しく解説しています。

<登録方法や注意点>

<登録の審査について>

<プランについて>

STEP2.管理画面にログインし、企業ロゴを登録しよう

登録審査を通過し管理画面にログインすると、以下のようなスタートガイドが表示されます。

PR TIMESの管理画面01

本登録が完了したら、次は企業ロゴの設定です。企業ロゴは設定の企業情報から画像をアップロードして登録できます。

PR TIMESの管理画面02

そのほかの項目は企業登録時に設定した情報が反映されていますが、もし変更があった場合には「企業編集」より適宜更新することが可能です。詳しくは下記の記事も参考にしてみてください。

STEP3.プレスリリース送付先になるメディアリストを作成しよう

PR TIMESで登録するプレスリリースは、PR TIMESのサイト上に掲載されるだけでなく、メディア関係者にも広く送付できます。この送付先のリストを「メディアリスト」と呼びます。

プレスリリースの内容と親和性のあるメディアを選定・指定できる機能が、メディアリストの新規登録機能です。メディアリストは、企業向け管理画面の左側サイドメニューの「メディアリスト」アイコンから、「メディアリスト新規作成」をクリックして作成できます。

PR TIMESの管理画面03

メディアリストの作成ハウツーは以下の記事で詳しく解説しています。

ポイント1. メディアごとに異なる!メディアへの「配信方法」を選択しよう

メディアリストの作成では、まず最初にプレスリリースの配信方法を決めます。配信方法は「メール&FAX配信」、「メール配信」、「FAX配信」の3種類です

PR TIMESの管理画面04

FAX配信はオプション機能で別途5,000円(税別)の費用がかかります。

主要なテレビ局や新聞社など、メディアによってはFAXでしかプレスリリースを受け付けない場合もあるため、各メディアが指定する配信方法も確認しながら、FAX配信の有無を決定しましょう

FAX配信のメリットや方法の詳細は下記の記事をご覧ください。

ポイント2. メディアは「種類」や「カテゴリ」で絞り込みができる

次にメディアの種類を決めていきます。メディアの種類は、TV番組、雑誌、新聞、インターネットサイト、フリーペーパー、ラジオ番組、通信社、専門家の8種類に分かれています。さらに、例えば「テレビ」の種類の中では地上波かCS・BSか、全国放送か地方放送かなどのカテゴリで詳細に絞り込めます。

PR TIMESの管理画面05

point3. メディアリストの上限数は300まで!

メディアリストに追加できる媒体の上限数は300です

300までの媒体の抽出方法としては、「300媒体を自動で抽出する」、「350媒体を自動で抽出し、次の画面で50件削除する」、「件数を制限しない」の3つの方法があります。

急いで配信準備をする必要がある場合は「300媒体を自動で抽出する」、最終調整だけは自身で行いたい方は「350媒体を自動で抽出する」、すべての媒体を丁寧に確認したい方は「件数を制限しない」を選択するのがおすすめです。

メディアリストの詳しい作成・設定方法は下記の記事をご覧ください。

STEP4.参考になる他社のプレスリリースを読んでみよう

プレスリリースを実際に書き始める前に、PR TIMESで多く読まれているプレスリリースを読んでみましょう。

プレスリリースの構成や書き方には基本的なパターンがありますが、基礎を守ると同時に、企業それぞれのカラーを出していくことも重要です。

書き方の基礎については、PR TIMES MAGAZINEの記事を参考にしてみましょう。

基礎を守りつつ自社らしさが表れているお手本事例は、管理画面のダッシュボードのページ下部にある「おすすめのプレスリリース」から確認できます。

おすすめプレスリリース

PR TIMES MAGAZINEの「お手本リリース事例&解説!」でも、ジャンル別やシーズン別の実践的なプレスリリース事例を紹介しています。もっとたくさんの事例が見たいという方は、是非参考にしてみてくださいね。

STEP5.プレスリリースを入稿してみよう!

ここまでのSTEPをすべてクリアしたら、いよいよ次はプレスリリースの入稿作業です。

ポイント1. プレスリリースを入稿する前に……

プレスリリースの入稿作業で重要なのが、PR TIMESの入稿画面でプレスリリースを書き出さない、ということです。管理画面上でプレスリリースの本文を作り始めると、修正の履歴を残せなかったり、ネットワーク等の問題でせっかく書き上げた原稿がうっかり消えてしまったりと、様々な面で望ましくありません。Wordファイルなどの別ドキュメントでプレスリリースを作成し、予め社内確認を経てFIXしたものを入稿するのがベストです

下書きが完成したら、管理画面ページ上部の「プレスリリース新規登録」、もしくは左側にある「プレスリリース」アイコンから「プレスリリース新規登録」を選んで、入稿作業に進みましょう

PR TIMESの管理画面06

ポイント2. タイトルと本文を入力しよう

プレスリリースの入稿を3つの段階に分けて解説していきます。

まず、プレスリリースの入稿フォームが表示されたら、必須項目であるタイトルと本文を入力しましょう。本文は最大8,000文字までで、サブタイトルとリード文は必須ではありませんが、多忙なメディア関係者や生活者に端的に内容を理解してもらうため、極力入力することをおすすめします

PR TIMESの管理画面07

なお、PR TIMESのプレスリリースには、配信時に独自の掲載基準が設けられているため、基準に当てはまらないものや配信できない内容を含んでいるような場合には、修正を依頼したり掲載を停止したりするケースもあります

PR TIMESで配信できる掲載基準については、下記の記事を参考にしてみてください。

ポイント3. 本文内の希望位置に、画像を挿入してみよう

タイトルと本文を入力できたら、次は画像動画を挿入していきましょう。 画像や動画の挿入は、画面中央より右寄りに表示されている作業バーから選択できます

PR TIMESの管理画面08

挿入ファイルの形式にあわせて、アイコンを選択します。
画像ファイル:1番目のアイコン
動画ファイル:3番目のアイコン
GIFファイル:4番目のアイコン

画像は、サブタイトルやリード文と同様に必須項目ではありませんが、画像があることでプレスリリースそのもののコンテンツ力は各段にあがります。メディアがニュースとしてプレスリリースを取り上げる際にも画像は必要になるため、様々なバリエーションで複数枚アップロードし、本文にも挿入することをおすすめします。

挿入する画像や動画に関しては、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

ポイント4. プレスリリースのカテゴリや位置情報など、関連情報を設定しよう

最後に、プレスリリース編集ページ下部の関連情報設定に移ります。プレスリリースの種類、カテゴリ、サブカテゴリを選択肢から選んで追加していきます。位置情報は、イベントの開催場所や店舗情報などに活用すると効果的です。

PR TIMESの管理画面09

キーワードは自由に設定することができるため、以下の記事も参考にしながら効果的なワードをチョイスしてみてくださいね。

主な入稿作業については下記の記事からさらに詳しく知ることができます。

STEP6.配信方法とプレビューを確認しよう

プレスリリースの執筆・編集作業が完了したら、配信方法の設定と確認に進みます。

配信先と配信方法を選択しよう

プレスリリース編集ページ下部にある青い「次へ」タブをクリックして、「配信先」の設定に進みましょう

「手動選択」にチェックをすると、STEP3で作成したメディアリストから配信先を選択できます

一方「自動選択」は、どうしてもリストを作成する時間がないときに、選択したプレスリリースのカテゴリに応じて、自動で関連メディアが抽出される機能です。自動選択リストは便利な面もありますが、送付件数のコントロールができなかったり、送付したいメディアを個別に追加することができなかったりと制約があるので、自分で手動作成したメディアリストを使うことをおすすめします。

PR TIMESの管理画面10

配信先の設定後、先ほどと同様にページ下部の青い「次へ」タブをクリックすると、「配信方法」の設定に移ります。メディアリストへの配信方法や提携メディアへの掲載、PR TIMES公式SNSへの投稿などの項目に適宜チェックを入れ、設定を行ってください。

PR TIMESの管理画面11

ここで重要なのがメールのタイトル・本文先頭行の設定です。受信者にメールを開封してもらうために最もキーとなる「件名」と「送信者」を必ず明記しましょう。

ほかにも、下記のような工夫を凝らすとより受信者の目に留まりやすいメールになります。

  • メールタイトルに【】で会社名を入れる
  • タイトルから大体の内容が推測できるものにする
  • メールの本文冒頭に「報道関係者各位」と表記する
PR TIMESの管理画面12

配信方法や配信のタイミングについては下記の記事から詳しい解説をご覧ください。

最後の確認!

ここまでくればあともう一歩!最後に、プレスリリースの内容と配信設定の確認を必ず行いましょう

「配信方法」ページ下部の青い「次へ」タブをクリックし進むと、「確認」ページに移ります。ここではPR TIMESへの掲載イメージや、ページ下部でプレスリリースの配信・掲載方法が確認できます。

PR TIMESの管理画面13

すべての確認が済んだら、配信を行う前にテスト配信を行うのがおすすめです。下書きを保存し、「テスト配信」のタブをクリックすると、「テスト配信の設定」タブが新しく表示されます。

PR TIMESの管理画面14

登録ユーザー名もしくは、任意アドレスに送信したい場合は「その他」を選択します。その他を選択した場合はメールアドレスを入力し、「テスト配信」ボタンをクリックすれば完了です。

以下の記事も参考に、テスト配信を行って入念な確認を行うことをおすすめします。

また、PR TIMES掲載上のイメージもプレビューで必ず確認しましょう。プレビューはPC版スマートフォン版の2種類で確認することができます。PC版は、プレスリリースの一覧ページのタイトルをクリックすると、より公開イメージに近いプレビューが確認できます

PR TIMESの管理画面15

スマートフォン版は、編集中のプレスリリース登録画面の右側にリアルタイムで表示され、下書き保存前にも都度チェックできます。

PR TIMESの管理画面16
目のアイコンからチェックできます

PR TIMESから配信されるプレスリリースは、PCよりもスマートフォン(タブレット含む)からの閲覧が多く、その割合は約8割を占めています。 スマートフォンでの表示が極度にバランス崩れをおこしていないか、確認しておくと良いでしょう。

プレビューの確認については、以下の記事も参考にしてくださいね。

STEP7.プレスリリースを配信する

ここまで準備ができて、プレビューの第三者チェックも終えたら、いよいよ配信です!配信は、予約することも、即時で公開することも可能です。予約配信は、30分以上先の時間を設定できます。

配信前にチェックしておきたいのは「クリッピングサービス」の利用有無です。もし露出調査もあわせて実施したいという場合には、配信前にクリッピングキーワードを登録しておくとよいでしょう。

詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

プレスリリースは慣れてきたときこそ慎重に

今回はPR TIMESでプレスリリースを配信する際のステップについて、なるべく分かりやすく進められるよう実際の画面イメージと共に具体的にご紹介いたしました。

最初は一つひとつ時間がかかるかもしれませんが、ステップで迷うことがあれば、是非この記事を片手に、進めてみてくださいね。それでも不明点が出てきた場合には、PR TIMESのサポート&サクセスデスクまでお気軽にお問合せください。

また、PR TIMESの小技集の記事もよく読まれています。細かい設定を改善するだけでも、届き方は変わってくるので、是非こちらも参考にしてみてください。

配信までのステップは、初めてのときよりも、慣れてきたときこそ慎重に丁寧に、初心に立ち返って行うことが求められます。ダブルチェックや第三者の視点を取り入れることも忘れずに、配信されるプレスリリースの1つひとつが、その情報を求めてる人に届くように、細部に気を配りながら準備できると良いですね。

このシリーズの記事

前の記事 【PR TIMESノウハウ】プレスリリースの取り下げ・削除をしたい場合、確認する情報とその理由
次の記事 【PR TIMESノウハウ】メイン画像を選ぶ3つのポイント&惜しいメイン画像の特徴を紹介
最初から読む 【PR TIMESノウハウ】配信後に修正・訂正できる?プレスリリースのミス対応
このシリーズの記事一覧へ

この記事のライター

松本 英里香

2021年PR TIMES入社。営業本部にて、アカウントプランナーとして幅広い企業の広報PRやプレスリリース発信をサポートしながら、NPOなど社会貢献団体のプレスリリース配信を応援するプロジェクトも担当しています。長期休みはアフリカに行きます。

この記事に関連する記事

今注目の記事